お知らせ

トウダチがどんどん始まっています。

春はトウダチといって、野菜が花芽を出し花を咲かせて種を作り、子孫を残そうと頑張り始めます。一般的には収穫時期がきたら畑全部を収穫して市場などにまとめて出荷をされますが、考える会の場合は、毎週お届けする野菜に少しずつ収穫・出荷をしていきますので、今週は良くても次の週にはトウダチしてしまい、出荷ができなくなるような事も頻繁にあります。

春のトウダチの時期は生産者にとってはとてもリスクが高い時期なんですね。それでも生産者はケース野菜を切らさないようにと何度も種を播いて安定供給に向け努力してしてくれています。

一言でトウダチといっても程度差や個体差があり、また出荷可能かどうかの判断もなかなか難しいのが現状です。届いた野菜で「食味がよくない」「硬くなって食べられない」などありましたら、申し訳ありませんが、事務局までご連絡ください。返金で対応させていただきます。

我が家の味噌づくり・・自家製正直味噌!・・

『であいふれあい畑」企画

『御御御付け』食べてますか?

「おみおつけ」は味噌汁の丁寧語です。何重もの丁寧語で書かれるほど、古来からお料理として扱われてきたのですね。考える会のお野菜を使いこなすにあたって、味噌汁づくりは欠かせませんよね!♪

みんなで仕込む味噌、簡単美味しいと好評です。免疫アップに味噌の菌と野菜たっぷりの汁、出汁のミネラルと最強味噌汁です!

是非、手作りで自分に合った我が家の味噌を育てましょう♪

今年も早く仕上がるためカビの心配の少ない味噌セットを用意。麹多めな九州的甘めの味噌です。

 

日時:令和3年3月14日(日)10:00〜14:00

会場:高山農園 畑・作業場、熊本ガスさん(合志市須屋2696−65)の隣

参加費:(昼食代込み)別途保険代1人100円いただきます。

大人 1000円 小学生 500円 幼児(3歳以上)300円

材料費:何セット作られるかお知らせ下さい。

熟成Aセット 2000円(大豆1㎏=980円 & 麹1㎏=1360円 相当)

甘めBセット 3200円(大豆1㎏=980円 & 麹2.2㎏=3000円 相当)

持ち物:好みの塩 A:500g×セット数   B:620g×セット数

エプロン・タオル・三角巾・カレー用皿・さじなど・味噌5㎏を仕込む容器(カメ・タッパー等)

あれば大きいボウル

量:約4〜5㎏の味噌を仕込みます。熟成期間はAセット 10ヶ月、Bセット 2ヶ月〜

麹:会の生産者 下田さんの作った無農薬無化学肥料米(ゆうきスター)で仕込んだ麹

大豆:会の生産者が作った2020年度産 無農薬無化学肥料大豆

※コロナもあり、過密を心配される方は、時間をずらしてこられても大丈夫です。申込書の空きスペースに希望の時間をご記入ください。

 

 

 

 

 

古庄農園便り

今日は、記録の話です。広美の机の上には、5年日記が、2冊あります。1冊は、記録済み、もう1冊は、2年目を書いている途中です。

つまりそこには、6 年から7年の記録がすぐ見れる状態にあるということです。たとえば、種蒔く時にはじまり、いろんな農作業をするとき、いつも参考にしています。

季節の変わり目、なにを、優先するか、頭の中は、農作業の事ばかりみたいです。

今、ハウスの中には、 昨年の、8月から始めて、6回目位の苗が、出来つつあります。

今は、夜は、三重にビニールをはり、気温が零下5度以下になるときは、ストーブをつけ、凍らないように気を付けます。

昼間は、反対に、温度が上がり過ぎないように気を付けます。

ハウスに、苗が、あるときは、必どちらか近くにいます。

そんなにして、おいしい作物が出来たときは、本当に嬉しいです。

これからもいいものが出来るように頑張ります。

よろしく!

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。組合員の皆様におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

まずは、喜ばしいご報告をさせていただきます。組合員の皆様のご理解とご支援によって、事務所隣接地の購入、並びに、新たな米倉庫建設を無事に終えることができました。この建設にあたってはもちろん業者に請け負っていただきましたが、限られた資金を節約するために、そして、皆で作り上げるという想いを共有するために、佐藤真実建設委員長をはじめとする多くの人が作業へ関わり、それによって完成を見ることができました。言葉通り、「みんなで作り上げた」米倉庫です。ぜひその姿を益城へ来られる際はご覧になってください。

さて、旧年中は、新型コロナ感染症の拡大だけでなく、異常気象による自然災害の激甚化などが私たちの生活を脅かし、安定・安全・安心とは程遠い状況が続きました。そして、それは今年もなお継続しそうな様相ですらあります。

日本だけでなく世界をも含めたこうした事態への対応を見るにつけ、そこには一つの特徴的な態度があるのに気づかされます。その態度とは、もはやこの状況は当たり前のものであり、それに適応するしかない、という「現状肯定」ともいえるものです。

誤解を恐れずに言えば、ウイルス感染症に対して必要なことは、罹患してしまう今の状況に立ってウイルスを全滅あるいは無効化させようと躍起になるのではなく、罹患しやすくなっている身体や生活そのものを見直し、改めていくことではないでしょうか。自然災害についても、激甚化する今の状況に立ってそれに耐えうる強固な建物や備えをすることではなく、自然環境を悪化させる私たちの生活のあり方を問い直すことこそ必要ではないでしょうか。そうでなくては、永遠にいたちごっこが続くばかりです。繰り返されるいたちごっこの中で、私たちの子どもたちは今よりも悪化した状況に置かれるでしょう。それすらも「現状肯定」させてしまうのでしょうか。

私たちに必要なことは、現状を「しょうがない」と受け入れることではなく、「果たしてこのままでいいのか」と考え、「世界はきっと変えられる」と強く信じることではないでしょうか。

私たちの組織の名称に「考える」という言葉が冠せられているその意味を、皆で共有していけたら嬉しいです。どうか今年もよろしくお願いします。

理事長 高山 健也

今月のお野菜

4月のお野菜

大根 じゃがいも キャベツ 人参 かぶ  チンゲン菜 リーフレタス ブロッコリー スティクブロッコリー ほうれん草 小松菜 青梗菜 わさび菜 深ねぎ ひともじ さつまいも 菜ばな パセリ 玉ねぎ スナックエンドウ さやえんどう 二十日大根 八朔 甘夏

2月のお野菜

じゃがいも 大根 白菜 キャベツ 人参 ごぼう 里芋 かぶ ミニカリグラワー グリーンレタス 玉レタス セロリ レンコン 小松菜 ほうれん草 水菜 青梗菜 山東菜 ター菜 わさび菜 春菊 ひともじ 大根 深ねぎ ブロッコリー ステックブロッコリー 菜花 パセリ ネーブル 他

1月のお野菜 

大根 白菜 ミニ白菜 じゃがいも 南瓜 ごぼう 里芋 インゲン豆 レンコン 人参 かぶ チンゲン菜  リーフレタス ロメインレタス 玉レタス 小松菜 スティクブロッコリー ほうれん草 春菊 京菜 深ねぎ わさび菜 山東菜 さつまいも セロリ ベビーリーフ 玉ねぎ だいだい みかん

12月のお野菜

大根 白菜 ミニ白菜 じゃがいも ごぼう 里芋 インゲン豆 二十日大根 レンコン 人参 かぶ チンゲン菜 リーフレタス ロメインレタス 玉レタス ちぢみ菜 ベビーリーフ スティクブロッコリー カリフラワーほうれん草 、小松菜 春菊 水菜 深ねぎ ひともじ パセリ さつまいも スイートスプリング 玉ねぎ(北海道) 等など

11月のお野菜

キャベツ 里芋 生姜 はやとうり かぶ 玉レタス ズッキーニ ピーマン ししとう ブロッコリー 小松菜 青梗菜 水前寺菜 エンサイ 水菜 わさび菜 ひともじ ベビーリーフ 春菊 オクラ インゲン豆 二十日大根 大根 ほうれん草 みかん 他

9月のお野菜

人参 玉ねぎ さつまいも エンサイ モロヘイヤ 茄子 ピーマン ししとう コリンキー きゅうり  ニラ 苦瓜 オクラ 青じそ ミニトマト トマト つるむらさき アスパラ 水前寺菜 ごぼう 四角豆 南瓜 レンコン 栗 すだち 他、

8月のお野菜

人参 玉ねぎ エンサイ モロヘイヤ ごぼう 茄子 ピーマン ししとう コリンキー きゅうり  ニラ 苦瓜 オクラ 青じそ ミニトマト トマト つるむらさき スィートコーン 甘夏 他、

7月のお野菜

キャベツ 人参 玉ねぎ グリーンレタス エンサイ ニンニク モロヘイヤ 茄子 ピーマン ししとう  ズッキーニ  コリンキー きゅうり  青じそ ミニトマト 中玉トマト 枝豆 ふだん草 つるむらさき 甘夏 他、

6月のお野菜

大根  キャベツ 人参 玉ねぎ  かぶ  リーフレタス 玉レタス  チンゲン菜 ほうれん草 小松菜 水菜 春菊 スティクブロッコリー  カリフラワー 、スナックエンドウ  インゲン豆 セロリ  ズッキーニ  コールラビ 、青紫蘇 スィートコーン  きゅうり  甘夏 

5月のお野菜

大根  キャベツ  人参 かぶ チンゲン菜 リーフレタス 玉レタス  ちぢみ菜 ほうれん草 小松菜 わさび菜 山東菜 スナックエンドウ  サヤエンドウ  玉ねぎ  空豆 グリーンピース にんにくの芽 スティクブロッコリー 春菊 二十日大根 パセリ 甘夏

お野菜だより

パール柑ピールのレシピ

無農薬の皮このまま捨てるのはもったいない!江口ゆうこさんよりパール柑ピールのレシピいただきました。グラノーラに入れたり、焼き菓子に入れたりして楽しんでいます。チョコレートとの相性も抜群です。自宅で過ごす事が多くなりましたが、コトコト柑橘の香りに包まれ考えごとをすると、なんだか幸せな気持ちに包まれます。皆様も良い時をお過ごしください。

<作り方>

①パール柑を美味しく、楽しく食べる。

②残った皮を細長くカットする。大体1センチ幅くらい。細長くカットする前に、内側の白い綿の部分をお好みで削ぐ。

全く削がなくてもよいが、少し削いだくらいが出来上がり状態が美しいです。

③たっぷりの水から3回茹でこぼしザルにあげる。 (②の状態で一晩水にさらすとよい。 さらさない場合は好みによるが 4回ほど茹でこぼす)

④③を温かいうちに、なるだけ大きな鍋にいれ、皮の半量程の好みの砂糖を入れて弱火で水気が無くなる寸前まで煮たら火を止める。

★最初に砂糖が溶け水分が出てくるまでは蓋をしていたほうが良いです。

白いワタの部分が透き通りキラキラと輝きを増しだしたら蓋をあけて水分を飛ばしてあげて ください。

⑤④をクッキングシートやバットに広げまる一日ほど乾かす。

以上で出来上がりです!とても簡単なのでぜひともお楽しみ下さい。

生産者メッセージ

4月生産者メッセージ

高山農園で研修していた愛農高校生の植松ゆめさんが、期間中考える会の火曜金曜の配送日は朝6時から事務所での出荷、仕分け作業、配送同乗、また毎月第2土曜夜の生産者会議等に参加してくれました。

ゆめさんの活動の姿は、私に考える会設立趣意書を再読させました。安心安全な有機農産物への社会の関心は高くなっていると感じます。次世代が健康で豊かな世の中を開いてくれる事を確信しつつ、有機農業の拡大を心がけなければと新たにさせられました。

・・大津町・古庄廣美・・

今月頭に播種したじゃがいもの芽が出だしてきています。順調に成長していく姿を見るのは楽しみですね。あとは夏野菜をハウスの中で育てていますが順調にいくといいですね。

筍が出てきたりするので、筍堀りは体力勝負ですが頑張りたいです。

・・御船町・石脇祐介・・

 

桜が満開ですね。卒業、入学、転勤等々、人生の大きなイベントごとがグッと集中する、まさにそれぞれの節目の季節を桜が彩ってくれているように感じます。咲く様子も美しいですが、散る様も風情があって、年々桜を愛でる気持ちが分かるようになってきたのは、やはり年を重ねたからなのかもしれません。まだ34才なんで若いつもりですが・・・。

次男が卒園して小学校に入学します。長男とはまた全然タイプが違う次男ですが、ユニークで、ビックリさせられたり、笑わせてくれたり、困らせられたり、癒されたりと、大きく感情を動かしてくれる息子です。自分の好きなところを見つけて楽しんで欲しいなと思います。

・・三角町・江口 健・・

2月生産者メッセージ

畑の開墾が終わりました!ユンボとトラクターで綺麗にしてみると思っていた以上の面積もあり良い畑になりそうな予感です。ただ問題はこれから何を作付けしたら良いか考えているのですが畑というのは1年間作ってみないと陽当たりや排水などの状況がつかめないという事とそれとやっぱりという感じですが耕した後にイノシシの足跡ががチラホラあることです。どんな環境でも強く生き抜き、なおかつイノシシにも食べられない物を作っていきたいと思います!      ・・宇城市・本田泰晴・・

 

先日、畑の草刈をしていたら、もうフキのとうが出ていました。枯れ草の下ではもう春の芽吹きが始まっていて嬉しくなりますが、冬の景色が名残惜しくもあります。とくに今年は枯れ草を利用する事で生命の循環に対して新しい世界が開けて、冬の活き活きとした生命活動を感じる事ができました。生命は絶え間なく活動していて循環していく。失われていく時にああすれば良かったと思い残す事のないよう一瞬一瞬を見逃さないように大事に過ごしたいと冬の景色を感じながらつくづくそう思います。            ・・旭志・新川幸弘・・

お問い合わせ・入会ご希望の方は096-286-0460受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP
MENU